肥満女性や喫煙女性のイラストと避妊薬ピルの写真

避妊だけでなく月経痛、生理不順などにも効果があるピルですが、実は誰にでも飲めるわけではないのです。喫煙者や肥満の方は医師との相談が必要な場合もあります。では実際にピルを飲むときの注意点も合わせて詳しく見ていきましょう。

ピルとイライラと殺菌の効果

アフターピルというものがあります。

アフターピルは、通常のピルを飲んでいても、またはしっかりとコンドームを装着をしていても、何らかの理由で、避妊がうまくいかなかった場合に、精子が子宮に入り込んでしまったことを防ぐ効果があるピルです。

ただ、このアフターピルについては、女性が飲むものですが、可能な限り早く飲むこと、妊娠してしまったと発覚がした性交渉の可能な限り、すぐに後、出来れば24時間以内に飲むことが望ましい、とされています。

このアフターピルの効果としては、精子を殺菌する効果があるため、妊娠を望んでいない場合には、このように妊娠を防ぐことが可能です。

ただ、当然ながら、通常とは体の状態とは異なるものとなるため、女性側にとても大きな体への負担がかかります。

例えば、酷いイライラ感が続くと同時に、多くの女性が体験しているものとして、強い吐き気や胃の痛み、そして頭痛などや、下痢などの症状が出ることが多いとされています。

これは、精子を殺菌する効果があるピルであると同時に、女性ホルモンのバランスを崩すことによって、精子を殺菌し、妊娠を防ぐものであるため、酷いイライラ感が続く、とされています。

つまり、通常の状態の日常生活とは異なった体への変化が、女性には出てしまうため、極力、体力的に特に弱い人は、このようなアフターピルを用いずに、しっかりと性交渉を行った方が良い、とされています。

また、イライラ感によっては、人によっては全く感じないという方もおられるため、生理痛などと同じように、飲んでも全くイライラしない人と、かなりの辛さを感じる人と、2パターンに分かれるとされています。

ただ、どちらにしろ女性ホルモンのバランスを崩しての殺菌となるため、それらを覚悟する必要がある、と医師からは説明されるものです。