肥満女性や喫煙女性のイラストと避妊薬ピルの写真

避妊だけでなく月経痛、生理不順などにも効果があるピルですが、実は誰にでも飲めるわけではないのです。喫煙者や肥満の方は医師との相談が必要な場合もあります。では実際にピルを飲むときの注意点も合わせて詳しく見ていきましょう。

ピルやプラセンタの処方は保険がダメなので値段は高い

わが国の保険制度は非常に整っており、費用負担も少なく、効果の高い薬が手に入れられるようになっていますが、美容目的などの場合には保険が適用されず、実費となるので薬の値段もそれなりに必要となってしまうこともあります。女性が自らの意思で、確実に避妊ができるピルも、望まない妊娠を避けることができるというメリットを考えれば、興味を持つ女性も多いですが、保険が効かないので毎月三千円から五千円程度は必要となってしまいます。定期的な婦人科検査などを含めると、金銭的な負担がきつくて、飲むのをあきらめた、という方も少なくありません。同様に、美容目的で打つプラセンタ注射や点滴なども、保険適用外となるので、クリニックによって差はありますが、一回当たり三千円程度は必要となってしまいます。しかしいずれも、更年期障害の治療目的として、医師が必要だと認めた場合には、時として保険適用内で処方してもらえる場合があるので、病気の改善目的で使用して見たいという場合には、まずクリニックのほうに問い合わせて見ましょう。どちらも継続して使用するものなので、長い目で見れば金銭的な負担は少しでも減らせた方が助かります。このような医薬品を少しでも安く手に入れたい場合、海外の製薬会社が開発した医薬品であれば、個人的に買いつければ、日本のクリニックで処方されるよりも安価で手に入れられることもあります。特に低用量ピルなどを避妊目的で服用したい場合、ネット通販で購入される方も多く、海外の医薬品を代行して輸入してくれる業者があるので、そういった業者を介して購入すれば、難しい手続きなど不要で、普通の買い物のように購入することができるのでお勧めです。